家政婦志麻さんレシピ「麻婆豆腐」はひと手間でプロの味!

2020年10月2日放送のの沸騰ワード10に家政婦の志麻さんが登場しました。

私は、志麻さんが出演した回はいつも番組を録画しています。

テレビだと調理工程を実際に見ることができて、レシピ本よりも分かりやすいので録画は欠かせないんです。

今回披露されたレシピは家庭でも簡単にマネできるものが多くてお得でした!

さっそく一番気になった麻婆豆腐を志麻さんのレシピで作ってみましたよ。

ぴぴ
ぴぴ

今日は家政婦志麻さんの「麻婆豆腐」の詳しいレシピと、実食した感想をお伝えします。

家政婦志麻さんの麻婆豆腐は「いつもの材料」に「ひと手間」かけている

家政婦志麻さんの麻婆豆腐のレシピには、高級スーパーでしか手に入らないような材料は出てきません。

ぴぴ
ぴぴ

材料は私が普段作っている麻婆豆腐と全く同じでした。

では、何が違うのかというと…。

材料の持ち味を生かせるような「ひと手間」をかけているんです。

家政婦志麻さんの麻婆豆腐レシピ

家政婦志麻さんの麻婆豆腐のレシピは以下の通りです。

  1. 油をひき、豚ひき肉を焼き目がつくまでしっかり炒める
  2. 豚ひき肉を炒めたら、みじん切りにしたにんにく、しょうが、ねぎを加えてさらに炒める
  3. 甜面醤(なければ味噌+砂糖)、豆板醤を入れて炒める
  4. 鶏ガラスープ、しょうゆ、水、砂糖少々を入れて煮る
  5. 豆腐を塩ゆでする
  6. 塩ゆでした豆腐を4に入れて煮る
  7. にんにくの芽、ニラなど色どり野菜を入れてさっと煮る
  8. 水溶き片栗粉でとろみをつける
  9. ラー油をひと回し

家政婦志麻さんの麻婆豆腐レシピのポイント

レシピはごく普通の麻婆豆腐のレシピですよね。

ぴぴ
ぴぴ

ここからは志麻さんのレシピのポイントをお伝えしていきます。

まず、ひき肉は焼き目がつくまでしっかり炒める!しっかり焼くことでうまみが強くなるんだそうです。

私はどうせ煮るし、ほぐれればOKくらいに考えていました…。

次に、にんにく・しょうが・ねぎの香味野菜はひき肉を炒めた後に入れること。

初めに炒めるイメージが強かったのですが、志麻さん曰く、最初から炒めてしまうと薬味から水分が出てひき肉に焼き目がつきにくくなる、香りを残す意味でも後から入れたほうが良いと思う、とのこと。

スープにはお砂糖を少し入れることで味に厚みが出る⇒これは知っていました。なんだか嬉しい♪

衝撃だったのは豆腐を塩ゆですること

冷蔵庫から出した豆腐そのままで麻婆豆腐を作ると、水っぽくて美味しくないですよね。

でも、水切りって案外面倒…。

それが志麻さんの方法(豆腐の塩ゆで)なら、浸透圧の関係で簡単に水切りができるんです。

最後にラー油をひと回ししてできあがり。「香りがあるものは後で」が志麻さん流です。

家政婦志麻さんのレシピで麻婆豆腐を作ってみた

ひき肉は焼き目がつくまでしっかり炒める。

こんな感じ?いままで麻婆豆腐を作るために、こんなにしっかりひき肉を炒めたことはありませんでした。

片栗粉がほんの少ししかなくて、とろみが足りない…。

でも、味はバッチリ!

麻婆豆腐は絹ごし豆腐で作るのが好み。豆腐が崩れていますが、スープが絡んで美味しい。

薬味やラー油の香りが強く、豆腐も濃厚です。

珍しい食材を使用しなくても、コツをつかんで少しだけ手間をかければお料理って美味しくなるんですね。

次は梨の豚肉巻きを作りたいな!

えのきガレットはとっても簡単。お料理初心者でも大丈夫。

コメント

タイトルとURLをコピーしました